TOP
日本モンゴル柔道友好協会について 活動内容 モンゴルからの便り お知らせ 支援金のお願い リンク
活動内容

過去の活動記録 モンゴルレポート プレスリリース
 No.15

                                                    モンゴルレポートインデックスへ

第4回総会報告

日時:2006年2月12日(日)14時〜16時      於:阪急ターミナルスクエアー・17「ばらの間」
出席者: 大橋武彦 オユンビレグ 佐野修弘 瀬戸口正征 辰野幸正 辰野幸平 田中裕二 中川達治
(計16名) 西堀孝三郎 橋本等 浜田翠 ハンダスレン 藤原良平 宮崎葛雄 八木昌司 吉永豊貴の各氏。


中川理事長の開会あいさつ、出席者の自己紹介のあと、八木昌司氏が議長に選出された。
以下の通り、議事が藤原代表から報告され、審議、全ての決議事項が承認された。

議題  1号 2005年度活動及び会計報告
     2号 2006年度活動計画及び収支予算
     3号 その他重要事項  @役員の改選及び規約の改正について
                   AMJ協会女子ジュニア−選手の日本招聘について
                   Bウランバートル事務所の利用状況について
                   Cホームページの活用について
                   Dその他

審議 1号 プレフスレンコーチの指導者研修(2〜4月)、第2回MJ少年柔道大会(9月)、奨学生の継続選考など活
         動報告。2005年度会計報告のあと、監事田中裕二氏より2006年1月14日に監査を実施。結果いず
         れも正確であるとの報告があり、承認を得た。
    2号 「人の交流」「少年柔道大会の開催」「奨学生制度の拡充」「支援物品の供与」を4つの柱とし、草の根交
         流・親善の輪を更に深めるため、活動計画を策定し、承認を得た。
    3号 役員改選により現役員は全員留任、新理事に辰野幸正氏、内藤光伸氏が選任された。
        MJ協会事務所利用は、日本から2、7、8、9月で計6名 延32日の利用があった。
        ホームぺージの活用について、アクセス件数6ヶ月で計5,673。今後、モンゴルレポートの配信は、順次
        郵送からホームページに切り替えを行っていきたい。

                  
特別報告として「モンゴルの民主化とMJ協会」をテーマに「MJ協会」のハンダスレンさんからお話があった。









▲TOP
2006年度活動計画


モンゴルの青少年に柔道の普及と拡大「草の根交流・親善」の輪を広げます。



実施時期 活動計画・内容 予算(円)
年間 奨学金 継続3名/新規6名 計9名 225,000
7月7〜14日 モンゴル訪問/指導者派遣・ナーダム観光など 300,000
随時 リサイクル柔道着贈呈・輸送  100着目標 100,000
10月27〜29日 第3回「MJ少年柔道大会」ウランバートル市 300,000
11月10〜14日 モンゴル「MJ協会女子ジュニアー選手」招待 5名
大阪国際親善柔道大会に参加(11/12) 大学合同練習
1,000,000
同上 ハルハ法科大学 大学交流協定推進 50,000
事業費合計 1,975,000


                               2006年度予算                           単位円
収入の部 支出の部
前年度繰越 1,220,439 事業費 1,975,000
2006年度支援金 1,400,000 MJ協会運営費(U.B) 60,000
総会会費 30,000 事務局通信費 50,000
事務局事務用品費 50,000
ホームページ年間維持費 38,400
総会会議費 30,000
予備費 447,039
合計 2,650,439 合計 2,650,439

▲TOP
2006年度「MJ奨学金」を支給する学生が決定いたしました。

第2回「MJ少年柔道大会」(2005年9月23日)に参加した柔道クラブに所属する生徒、学生の中から、各クラブからの推薦を受け、「MJ協会」の役員で、6人の奨学生を選考した。選考基準は、20歳までの学生で、経済状況、家庭環境、学業成績、柔道の戦績などを考慮した。


「支給内容」
1、 奨学金の支給期間は2006年1月より2006年12月までの1年間、2007年以降については再審査を行うが、再選を妨げない。ただし
    3年を限度とする。また支給開始日が満20歳を超える場合は打ち切ることとする。
2、 月額20ドル、3ヶ月毎に「MJ協会」で本人に手渡す。
3、 支給された奨学生は、6ヶ月毎に「MJ協会」にレポートを提出する。


「新奨学生」
氏名 ダワー バタジャルガル 性別 女
生年月日 1990年11月20日 15歳
学校名 チンケルテイ区 第37学校 9年生
所属クラブ ソンギノハイルハン区体育委員会 柔道経験 2年
家族構成 母親と住んでいる。 得意技 背負い投げ
柔道の戦績 全国少年柔道大会で銅メダル。「MJ協会」の大会で銀メダル
今年の目標 全国少年柔道大会で金メダルを獲る。

氏名 ダワースレン ドルグーン 性別 男
生年月日 1989年3月23日 16歳
学校名 エルデネ市 第5学校 10年生
所属クラブ ハンガリド クラブ 柔道経験 4年
家族構成 母親と住んでいる。 得意技 足技
柔道の戦績 全国少年・青年柔道大会で銀・銅メダル。「MJ協会」の大会で金メダル
今年の目標 全国青年柔道大会で優勝する。

氏名 トムバータル ダライニャム 性別 男
生年月日 1989年6月4日 16歳
学校名 バヤンズルフ区 第53学校 10年生
所属クラブ ヒルチン クラブ 柔道経験 2年
家族構成 母親と弟、3人で住んでいる。父親はモンゴル相撲「隼」でした。 得意技 一本背負い
柔道の戦績 全国少年柔道大会で銅メダル。「MJ協会」の大会で銅メダル
今年の目標 全国青年柔道大会で優勝する。

氏名 ウルジーバヤル ツェンデアユシ 性別 女
生年月日 1989年12月30日 16歳
学校名 バヤンズルフ区 第2学校 10年生
所属クラブ フチ クラブ 柔道経験 3年
家族構成 母親と2人の弟と住んでいる。 得意技 背負い投げ
柔道の戦績 全国少年大会柔道大会で銀メダル。「MJ協会」の大会で銅メダル。
今年の目標 全国青年柔道大会で優勝する。

氏名 バルジンニャム バタエルデネ 性別 女
生年月日 1988年1月20日 17歳
学校名 チンゲルテイ区 第37学校 11年生
所属クラブ ウランバートル大学 柔道経験 4年
家族構成 母親と弟と住んでいる。 得意技 一本背負い
柔道の戦績 全国青年柔道大会で金メダル。l
今年の目標 全国柔道大会で金メダル。

氏名 ニャムスレン バタイテゲル 性別 男
生年月日 1987年1月18日 18歳
学校名 ウブルハンガイ県 第1学校 11年生
所属クラブ ウブルハンガイ県体育委員会 レスリング経験 2年
家族構成 兄と2人で住んでいる。 得意技 足技
柔道の戦績 ウブルハンガイ県青年柔道大会で金メダル。
今年の目標 全国青年柔道大会で優勝する。




「継続奨学生」 2005年9月〜2006年8月
氏名 ボルボバータル タラハンホルド サラン オルギルマー ダワアーダグワ ジャルガルダバ
年齢 16歳 男 17歳 女 18歳 男
学校 ダルハン 第16学校 ウランバートル 第48学校 ウランバートル第53学校
所属クラブ ダルハンクラブ モンゴル女子クラブ ヒルチンクラブ
今年の目標 全国少年大会優勝 全国大会優勝と国際大会出場 今年の全国大会に優勝
得意技 背負い投げ 背負い投げ 一本背負い
▲TOP
2005年12月29日 三宅久尚氏「MJ協会」道場を訪問


NPO「国際子供支援センター」/大阪国際柔道友好会(大新道場)の三宅久尚氏が支援活動の為、2005年3回目のモンゴル訪問をされ、今回も「MJ協会」道場に立ち寄られ選手達を激励、また、湿布薬を持参され「MJ協会」に贈呈頂きました。プレフスレンコーチの指導のもと、子供たちは元気に稽古をしていましたが、新たに入会した子供達の柔道着が不足している様子です。

▲TOP

(C) Japan Mongol Friendship Judojo